FXの注文の仕方について

FXは、取引会社に証拠金を預けて、外国為替の上がり下がりで利益を得るものですが、注文の仕方には、いくつか種類があります。まず、成行注文と指値注文に大別されます。

成行注文は、注文する時点の価格で取引することで、一瞬で注文できます。指値注文は、自分の指定した価格になるまで待って注文する方法で、注文設定しておけば、価格が指値になった時点で注文が発動されます。
予想した指値の価格にならない場合は、いつまでたっても注文されません。



指値注文には、いくつか種類があり、思惑と反対方向に為替が動いた場合に、多大な損失を広げないためのストップ注文(逆指値注文)は、特に重要だと言われています。



いわゆる損切りということで、もうこれ以上損失を拡大させないで、ポジションを決済して損失を確定することです。FXには、複雑な注文方法もあり、IFO注文などは、もし、〇〇円になったら、新規で買い、そのあと〇〇円まで上がったら決済して売りたい、もし、〇〇円まで下がったら損切りしたいなど、一回の注文で複数の注文を組み合わせたものもあります。

FXは、外国為替を買いからでも売りからでも注文でき、新規注文した価格が予想した価格まで上がるか下がるかの、二つに一つの基本的には単純のものですが、コンスタントに利益を上げるのは難しいものがあります。

目的に応じて朝日新聞デジタルの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

為替は、どう動くかわからないので、予想不可能という問題があります。

チャートや移動平均線を見て予想しても、予想通りには動いてくれません。