FXのデイトレードと設備投資

category01

FXトレードの特徴として、数ヵ月単位でポジションを保有する長期トレードから、その日のうちにポジションをクローズする短期トレードまで、それぞれのライフスタイルに合わせて、さまざまなトレードを楽しむことができることです。

FXについて解説いたします。

しかしながら、利益を安定して残していくためには、トレードスタイルがある程度決まります。



例えば、専業トレーダーで、いつでもチャートをチェックすることができる人であれば、デイトレードなどでも利益を残していくことができます。
仕事をしながらFXトレードに取り組んでいる人であれば、デイトレードよりも、数日間ポジションを保有するスイングトレードが向いています。

NAVERまとめの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

仕事をしている人でも夜の空いた時間などにデイトレードをする人がいて、利益を残している人もいますが、実際には難しいと言えます。

なぜなら、デイトレードにおいてはちょっとした出来事が相場の動きに大きな影響を与えることがあります。


つまり、そのような事態になったときに速やかに対策を取ることができる必要があります。


例えば1時間足でデイトレードを行うときには少なくても1時間ごとに相場の動きをチェックする必要があります。それを複数の通貨ペアで行うのであれば、いくつもの通貨ペアを同時に表示する必要があります。

つまり、複数のパソコンを設置するなど、設備投資が必要となります。

そうしなければ、例えば経済指標の発表のときに相場の急な動きについていけないことがあります。そのため、FXのデイトレードではついていくための設備投資が必要とわかります。

金融の話

category02

FXの取り引きコストには、売買手数料とスプレッドの二つがあります。しかし現在では売買手数料は無料となっているFX会社が多数を占めるようになりましたので、「売買手数料の安い会社を選ぼう」などと考える投資家は事実上いなくなったと言えるでしょう。...

subpage

難しくない金融

category02

近年人気が高まっているFXの中でも特に人気が高いのが、流通量が少ない通貨に人気となっています。アメリカドルやユーロ等は非常に人気が高く、世界的に見ても流通量が多いですが、少ない通貨としてトルコリラがあげられます。...

subpage

1から学ぶ金融

category03

FXは、取引会社に証拠金を預けて、外国為替の上がり下がりで利益を得るものですが、注文の仕方には、いくつか種類があります。まず、成行注文と指値注文に大別されます。...

subpage

知っておきたい情報

category04

FXトレードではチャート分析を欠かすことはできませんが、このチャート分析にはダウ理論が欠かすことができません。ではこのダウ理論とはどのような理論なのでしょうか見ていきましょう。...

subpage