スプレッドを中心にしてFX会社を選ぶ

FXの取り引きコストには、売買手数料とスプレッドの二つがあります。

livedoorニュースに関する情報が幅広く集まります。

しかし現在では売買手数料は無料となっているFX会社が多数を占めるようになりましたので、「売買手数料の安い会社を選ぼう」などと考える投資家は事実上いなくなったと言えるでしょう。


しかしその一方で、スプレッドは今も昔も変わらずに会社選びにおける一つの比較ポイントになっています。

スプレッドとは買値と売値の差のことですが、この差が小さいほど投資家には有利な取り引きが出来るのです。

ところでスプレッドには、原則として固定されている会社と変動幅を持たせてある会社とがあります。
結論から言うと固定か変動か、いずれのスプレッド方式が有利であるのかは、投資家の投資スタイルによって違ってきます。それに両者共にメリットとデメリットがそれぞれありますので、どちらが優れているかは一概には言えません。
ちなみに「FXにおいてはスプレッドはとにかく狭い方がいい」と信じて疑わない投資家は、変動スプレッドを選択すると良いでしょう。その理由は、変動スプレッドの平均値と固定スプレッドの値を比較してみれば、どちらのスプレッドが実質的に狭いのかは自ずと分かってくるはずです。



しかし重要な経済指標が発表されたり政府要人の重要な会見が行われる時などは、大きな値動きが見込まれることがあります。



そんな局面においては取り引きの流動性が失われてしまいますので、是非とも固定スプレッドを選択して利益を狙いたいものです。